2003-02-21

 急用ができたために,頼まれていたインタビューをキャンセルし,午後から自宅へ戻りました.例によって,テレビをつけながらの仕事.いつもの「ちちんぷいぷい」のあるコーナーで,「不況産業としての大学」の話題.思わず顔を上げると,例の広島の立志館大学の件,つまり,定員195名のところへ初年度32名,二年目が38名で,結局卒業生を出さないままに四年制大学がつぶれたとの話題.ま,これは既知のことでしたからどうと言うこともなかったのですが,次の話題が大学の「学生獲得大作戦」.いろんな大学の受験生確保のトピックスを紹介していました.そのうちの一つに,なんと我が職場の「ファミリー奨学生制度」が取り上げられていて,びっくり!これは,在学生の家族の授業料を半減するというものですが,毎日放送で取り上げることに驚きました.東海エリアならわかりますが,三重県では毎日放送は視聴できないのです(伊賀はできるけど).しかし,全国の私立大学の3割が定員割れというニュースが当たり前のように流されるいま,作戦の一つとして取り上げられただけでも,ま,よしとしましょうか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です