2003-02-24

花をたずねて吉野山―その歴史とエコロジー 先日,いつも公私ともにお世話になっている鳥越皓之さんから新著が送られてきました,題して『花をたずねて吉野山』.集英社新書で,とても読みやすいサイズ.それでもご本人からのメールによれば,6年間かけた労作.私たちの文化の基底にあるといってよい,梅や桜を愛でる心性,そして,自然保護.いろいろと,想像力を刺激される本です.ぜひ,自費購入のうえご一読を.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です