10年・・・

 昨晩から,震災特集番組をはしごしていささか睡眠不足.洗濯を済ませてからゆっくりと出勤.月曜日は,少し早めの昼食を北千里駅でとって(今日は,大根屋で「牡蠣フライ+菜飯」),午後は2コマの授業.話は前回に引き続いてのメディア論.10年前の震災当日の自分の体験を含めて話をしました.

 先週留守中に職場へ三重県大阪事務所から来客があった由,今日は同じく三重県庁地域振興部から電話でアポ取り2件.時節柄,事業の見直しや次年度に向けての新規展開などのヒヤリング.
 帰路,電車の乗り換えの間に水曜日の新年会の予約.いつものライフで買い物して帰宅.昨日同様,鍋にしました.簡単で美味しい.さて,家族の食事が終わってから,焼酎を飲みながらこの10年を振り返っています.私にとっては,高校時代によく利用した阪急伊丹駅の崩壊の映像が最も鮮明に記憶されています.それと,単身赴任の松阪宅で,深夜ラジオから流れていた岡本真夜の”Tomorrow” .調べてみたら,この曲は95年5月10日のリリースですが,震災にまつわるリクエスト葉書の内容と重なりながら,その年1年中聞いていたような気がします.正確な記録がないので何ともいえませんが,岡本真夜自身がDJをしながら,リリース前の曲をラジオで流していたような気がします.だから,1月下旬から2月頃によく聞いていた気が(もちろん,正確ではありません).
 当時松阪大学で学内ネットとして運用していたMATSUNETの掲示板,管理人の奥村さん以外は書き手がいなかったので,「地域探偵団」という「湖鮎ネット」を模した掲示板を作って,震災のことやボランティアのことなどを,学生たちとやりとりしていたことなども,懐かしい記憶です.
 ちなみに,東紀州との本格的な付き合いが始まったのも,震災直前からですが,その後に起こったオーム真理教の地下鉄サリン事件の報道の影響で,東紀州活性化協議会の事務局メンバーからは「尊師」と呼ばれていたことも,今思い出しました.自分にとっても,色んなことのあったこの10年でした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です