引っ越し

 熊野仲間のO君から連絡,引っ越しのために明日からしばらくメールが使えないとのこと.家を新築されたのですが,あれやこれやで大変だとか.私が今の家に引っ越したのは,2002年2月2日.そろそろ丸3年が経過します.前年の盆明けくらいだったかな,転居のことを本気で考え始めたのは.とはいえ,計画的に事を運んできたわけではなく,「もうちょっと,普通の生活がしたい」という理由で,半ば衝動的でもあったのです.

 当時住んでいたのは,築26年のテラスハウスで,すでに一部の床は抜けていたし,風呂場の壁にはひびが入って震災の名残が.ガレージはゴミ捨て場状態(家中のいらないものがだんだんとガレージに蓄積されて手が付けられない!当然車は入りません).3DKのうち,夫婦で使用していた6畳間は,本棚とパソコン,テレビなどがあふれ,布団を広げるスペースもなく,毎晩布団とパソコンデスクを時差使用(つまり,二人同時に寝ることが出来ない!).
 何とか人間らしい生活をと,転居を決意したものの,資金的な裏付けは何もなく,知人を介して不動産業者を2軒紹介頂く.一人の方は「まず,この家を売って頭金を調達」という方式,もう一人の方は「このままでは売るに売れないから,先に新居を確保してから」という進め方.結局,後者の方にお願いして,秋の彼岸頃に具体的な相談を始めて,10月に契約.11月に着工.
 当初は,新築など考えもしなかったのです.少し広ければ,中古でかまわないと言うつもりだったのですが,ツレアイの職場の至近距離に適当な物件(つまり今の家)があったために,建て売りのモデルプランにいくつか注文をつけてできあがったのが我が家.
 ちなみに,2001年の日記は7月で途切れています.家の話を具体化する頃は,気持ちに余裕がなかったのでしょうね.何しろ,この年の秋に初めて「胃潰瘍」になっていますから.ということで,話が中途半端ですが,O君,引っ越し頑張って!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です