てんやわんや

「獅子てんや・瀬戸わんや」という漫才師を知らない人の方が,今では多いのかもしれません.昨晩遅くに福岡の義母が亡くなったとの連絡がありました.それから,ツレアイと2人で当面のスケジュールなどについて相談したり,あちこちに電話やメールで連絡したりと,てんやわんや状態が続いています.

 義母は大正11年1月生まれ,享年83歳.ここ数年は入・退院を繰り返していたのですが,ここ数ヶ月は内蔵の機能もだいぶ衰え,ツレアイが何度か見舞いに帰ったりしていました.実は昨晩も,夏休みを前にして,見舞いの予定を相談していた矢先の連絡でした.
 ツレアイは朝7時過ぎの新幹線で福岡へ.私の方は,学生に連絡して2限の講義を休み,銀行に走り,そして「南座」へ.なぜ南座かというと,楽しみにしていた「桂枝雀追善落語会」が9日(土)に迫っているのですが,現状では見にいけませんし,何よりまだチケットを予約しておきながら入手できていない.あわてて,本日休館の南座まで走って,Web松竹のチケット精算機で2枚のチケットをゲット.結局,sampe氏に引き取ってもらうことに.
 あきまへんなぁ.落ち着いているつもりでも,出勤途上の南茨木のコンビニ・アズナスでお茶とおにぎりを購入したにもかかわらず,北千里駅に降りたとたん,空腹を感じてそのまま「船場カリー」に.おにぎりを購入したことを,まったく忘れていたのです.
 通夜は土曜日,告別式は日曜日と連絡が来たのですが,息子たちと相談の結果,おばあちゃんとの最後のお別れに一緒に行こうと言うことになり,バイトの三男とモモタロウを留守番に残し,日曜日に三人で日帰りすることに決定.明日の朝一番で,切符を手配してきます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です