たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛 表題作を含めて8編の短編集。いずれも、地方の藩のさほどうだつの上がらぬ、しかしながら並々ならぬ剣の腕を持つ主人公が登場します。山田洋次の映画は、この連作の中からいろいろのエピソードをとりだして構成されています。藤沢周平のこの種の作品についてはマンネリ・ワンパターンという批判もありますが、むしろそのこと自体が彼の作品の真骨頂なのでしょうね。「武家の日常」を描くという姿勢の普遍性という点で、まさに寅さん的であります。本当はこの短編集を最初に読みたかったのですが、例によって、私の得意な「一人の作者の出版社別・時代順にはじめから順番に」的読書、藤沢周平シリーズもいよいよ峠を越えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です