宴の果てに

 昨晩は熊野からsatoshi-kさんご夫妻が京都へ.いつも実習や茂じいの里でお世話になっているメンバーが集まって,総勢10名で阿吽坊で食事会.土曜の夜ということもあって店はにぎやかでしたが,いつものように我々のテーブルの声の大きさは他を圧しておりました.ところが,ふと気がつくとT原さんがカウンター席で別の客と談笑中.知り合い?と聞くと,知らない人だとか.ちなみに彼女,堺へ帰るはずが気がつけば姫路だったとか.朝のメールで知ったのですが,詳細は聞かないことにします.

 曇り空の今朝,ご夫妻には朝食後に拙宅までお越しいただき,橿原市でのワークショップに出かけるツレアイを京都駅まで送った後,同僚の播磨やさん宅まで「茂じい米」の配達.ついでに,朝一で私の母から届いたサツマイモとクリもお裾分け.3人で清水寺まで足を伸ばし,土産に清水焼のビアカップ購入.色合いよりも大きさで選ぶ婦人がたくましい.ちょうど昼時になったので,阿吽坊でランチ.近頃は,お昼の一汁三菜も二つのメニューから選べるのですね.今日は「萩」と「桔梗」.季節の花をセット名に使われているのですが,デジカメを忘れたために料理の写真を撮れず,残念.一方は「エビとレンコンのつくね焼き+ナンキンのそぼろあんかけ」,もう一方が「豆腐田楽+生麩の炊き合わせ」.これに突き出しとご飯・みそ汁・漬け物.デザートは三種から一つ選べます.身びいきではなく,充実していますよ.お,雨が降り出しました.これから,ツレアイを迎えに行きます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です