コース別説明会

 先週水曜日のコース説明会に続いて,今日は人間社会学科の4つのコースに分かれて個別の説明会.私の所属する語学・観光コースには計2回の説明会に,20名あまりの学生が来てくれました.事前の学科会議では,学年末の合宿研修の日取りも決まって,すでに次年度の準備が始まっています.なんだか,あわただしいですね.まだ,今年の仕事もいろいろと残っているのに.

団交

 日が落ちると,ホント寒くなりました.北千里から梅田へ,あまりの寒さにJR大阪駅構内のうどん屋に入って,かき揚げうどんを.熱いお汁が温まります.環状線に乗って内回りで一つめの福島駅下車,徒歩10分弱で大淀校へ.打ち合わせ・団交・報告会といつも通りに進行.予想以上に早く終わったのでラッキー,でも,帰りの電車を待つ福島駅も大阪駅も,ホント寒かったですよ.


続きを読む 団交

ネットの不調

 明け方から自宅のネットがつながりません.光プレミアムに変更して以来ハード環境の変更はしていないので,NTT側の問題かと思いますが.これは職場から書き込んでいますが,自分のサーバーにはアクセスできるので,やはり回線のトラブルか工事かな?あるいは,ブッシュ上洛の影響か?ともかく,困っています.
続きを読む ネットの不調

アダルト・ピアノ—おじさん、ジャズにいどむ

アダルト・ピアノ—おじさん、ジャズにいどむ 職場で顔を合わせたsampe氏が開口一番,「井上章一はすごい!」.何のことかと思いきや,電車の中で本書を通読,思わず笑ってしまったとか.で,話の結論は,本書の内容を離れて「一緒にピアノを習おう」ということに.一期生である現2年生の卒業式に,一緒に「連弾」をしようと言うところまで話は盛り上がりました.もちろん,本書も早速amazonへ発注.


続きを読む アダルト・ピアノ—おじさん、ジャズにいどむ

日本の喜劇人

日本の喜劇人 ちょっとした手違いで外出予定を中止し,終日自宅で仕事・・・のはずだったのですが,読みかけの本の続きが気になって,昼寝をするモモタロウの横に腹ばって読了しました.当初『新劇』1971年6月号から翌年3月号まで連載されたものが,5月に単行本として晶文社から出版(このときは中原弓彦名義).77年9月には小林信彦の名前で『定本』が,そして新潮文庫版は色川武大の解説が付いて82年11月に発行されています.藤山寛美論が,やはり私にはなじみやすい.

どうしようか?

どうしようか? 口内炎がひどくて昨晩診察に.食事が食べにくいので体重が5.6kgと,久しぶりに6kgを割りました.食べやすいようにと,チキンを蒸したものを用意しておきます.先ほど朝の用事を済ませて帰宅.昨晩はほとんど食べていないので,今朝はどうかな?


 蒸し鶏を食べて少し落ち着きましたが,まだ物足りないのか,思案中.乾燥したキャットフードにはいまいち関心を示しません.結局,この後さらに蒸し鶏をお代わりしました.ま,しばらくは食べやすいものを優先せざるを得ません.

アクセス急増

 今日の午後に吉朝さんの死亡記事が新聞各社から配信された直後から,このブログへのアクセスが急増しています.ほとんどが「桂吉朝」をキーワードとした検索で,「米朝,吉朝の会」の記事へのアクセスは,おそらくこのブログを始めてからの最高記録でしょうね.普段自分もやっていることですが,あらためて検索エンジンの威力に驚かされます.
 先週の「桂米朝一門会」の記事へ,やはり検索エンジンでたどり着いたという方からコメントを頂きました.また,このブログの常連である,前任校を同じ時期に退職したT先生からも久しぶりにメールを頂きました.何やら,やたらとネットワーキング・ソサイエティに生きているんだと,再確認させられた夜です.

コース説明会

 5限目は1年生全員を集めての「コース説明会」.人間社会学科では2年次から4つのコースのどれかを選択し,授業も主としてコースごとに履修することになります.幸い全員出席ということで,学科長による全体説明と,コースごとの担当教員の説明が無事終了.次週は,今日の説明を受けて,学生自身が興味を持ったコースの,個別説明会に出席することになります.
続きを読む コース説明会

桂吉朝さんが死去

この間,京都国立博物館と国立文楽劇場とで2回聞くことが出来ました.とくに,文楽劇場での「弱法師」はすごかった!ファンとしては米団治襲名を実現してほしかったのですが,他方,高座で見た痩せようではつらいかなぁと・・・.同い年なんですよねぇ.ただただ,ご冥福をお祈りするしかありません.合掌.