住吉駕籠,八五郎坊主

桂 枝雀 落語大全 第五集 枝雀さんの「住吉駕籠」は,生では聴いたことはありません.ここに収録されているのは(時期は不明ですが)東京での高座です.そのせいか,入りがいささか緊張気味に感じられます.例の「電車が面目ないと言って・・・地下鉄が出来た」という有名なマクラの反応も今一.しかし,駕籠に座った親父の上目遣いと,駕籠屋が膝立ちして下を向いて話すという空間の演出,初めて見た東京の客は驚いたでしょうね.このあたりから本領発揮,駕籠屋二人と酔客とのやりとりなど,座布団の上からの移動はせずとも十分な空間構成で見事です.「八五郎坊主」はかなり前の収録のよう.そのうち,データをちゃんと整理せねばなりません.



 しかし,月曜日は忙しいのです.授業が3コマ,間で個人面談が入り,5限は学生部で種々の打ち合わせ.あっと言う間に一日が過ぎて,帰宅後に遅めの夕飯を食べながら上記のDVDを見終わると,風呂にも入らずにダウンしてしまいました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です