巨眼の男

巨眼の男 西郷隆盛〈上〉 数日前の出勤時,いつもと違うカバンを使ったために,資料以外には読み物が入っていませんでした.時間があったので,時々立ち寄る四条烏丸地下のそば屋の向かいのKUMAZAWAへ.文庫本コーナーで目にとまったのが本書.津本陽さんのものをしばらく読んでいなかったので,すぐに購入.西郷隆盛の奄美大島隠棲中から物語が始まるのですが・・,いけませんなぁ,結局自宅で仕事するよりも休憩の読書時間の方が長くなってしまいます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です