関空は混雑していました

 千里金蘭大学のニュージーランド研修組が,本日関西国際空港から出発.私は「学生部長」としてお見送り.その後は,MQJ主催のディスプレイに顔を出して,会場に詰めていたツレアイとともに帰路へ.彼女は京都駅前で夕飯の買い物,私はバスで先に自宅へ帰り,夕飯の段取り.困ったときは「鍋」,美味しくいただいて連休初日が無事過ぎていきました.
 今日利用した交通機関のうち,京都市営バスを除けば,JRも地下鉄も当然ピタパ.利用してはいませんが南海も利用可能.何とか市バスでの早期導入を実現してほしいものです.
続きを読む 関空は混雑していました

ここもお気に入り

ここもお気に入り 連休初日,朝寝をする間もなくいつも通り,足先を噛んで起こします.ツレアイの出勤前には例によって着替えの邪魔をしていましたが,静かになったなと思ったら,ご覧の通り.水回りも好きなのですが,ガスレンジの周りもうろうろします.どうかすると,火のついた煮物の鍋をのぞこうとしたりすることもあって,ひやひやします.この状態は火はついていませんが,注意する前にやはりカメラを持ち出しました.


続きを読む ここもお気に入り

成績報告

 8日(木)は会議日と同時に,成績報告の締め切り日.例年わかりきったスケジュールですから,それに併せて作業をしていればいいのですが,それがなかなか・・・.午前中からお昼を挟んで断続的な会議.そのまた合間を縫って,何とか評価作業を終えて提出してきました.
続きを読む 成績報告

GPS FLUID 1.0

 しばらく前から使用しだしたテーマのWeb2.0ですが,コメント投稿時の挙動がどうもうまくありません.コメント投稿した後も,フォーム内にその内容が残ってしまいます.テーマの問題と言うよりもプラグインが干渉している可能性もありますが,なかなか原因が究明できません.あまり気持ちの良い現象ではないので,テーマを入れ替えました.GPS FLUID 1.0 ですが,何か不具合があれば教えてください.

夕食後

夕食後 私もツレアイも,普段に比べて早めの帰宅.息子たちも普段よりかなり早い帰宅という偶然が重なって,いつもより1時間くらい早めの夕食となりました.メニューは・・・,寄せ鍋! 今日みたいに暖かい日に鍋というのもなんですが,買い置き食材を処分するには鍋が一番.で,食事を終えたテーブルでは,遊び疲れたココがこのような状態に.やはり,タオルを重ねてそこへ座らせると,家族全員に交代で遊んでもらった後遺症ですでにお休みモード.鍋を片付ける横で,気持ちよさそうに寝入ってしまいました.

地域社会の再発見

 箕面市中央生涯学習センターの千里金蘭大学連携講座「現代社会を考える」が,今日から始まりました.私はトップバッターで,「地域社会の再発見」というテーマで話をしてきました.初回ということで,生涯学習センター長のU先生も同行,挨拶と同時に公開講座の宣伝も.職場から北千里→山田→蛍池→石橋→箕面というルート.恐らく,車で行けばきわめて短時間で行けたのでしょうね.春を思わせるぽかぽか陽気の中,25名の参加者は大変熱心に2時間の講座にお付き合いいただきました.所用のため職場には戻らず,直帰させていただきました.
続きを読む 地域社会の再発見

石村亭

石村亭 千里金蘭大学人間社会学科恒例の一年生京都研修,文化表現コースと語学観光コースの合同プログラムの最初は,「石村亭」見学.谷崎潤一郎が第二次大戦後に執筆活動をしたところ,現在は,日新電機さんが管理されている非公開の建物です.同僚にして谷崎研究家であるA教授のおかげで,特別に見学させていただきました.専門家の講義付の見学会,何とも贅沢な2時間を過ごすことが出来ました.


続きを読む 石村亭

休憩場所

休憩場所 夕飯の時などに食卓に上がってきて邪魔をしようとするのですが,ある時にたまたま隅に置いてあったタオルの上に座ってじっとしていることがありました.それ以来,タオルを置いてやるとこのようにじっとしていることがしばしばあります.流しの側のティッシュケースもお気に入りの場所なのですが,さすがに窮屈になってきたのでしょうか.


続きを読む 休憩場所

昨日 今日 そして明日へ

 勤務先のある吹田市北千里地区の人権啓発推進委員会の呼びかけで,標記の映画の自主上映をすることになりました.推進委員の皆さんと,関西大学そして本学の学生達が実行委員会をつくり,準備を始めたのは昨年末.本日がその上映の日.学年末ということでバタバタしていて,ろくに告知作業が出来ぬままに当日を迎えました.
続きを読む 昨日 今日 そして明日へ

5周年

 昨日は転居5周年,だからどうということではないのですが,昨年の記録を見てみると,やはりこの時期は寒かったり体重が落ちなかったりと,相変わらずの暮らしを続けていることだけは確認することが出来ます.情けないとも言えますし,変わらないことに安心したりも.
続きを読む 5周年