病院に行ってきました

治療中 とはいっても、私ではありません。モモタロウの話です。以前から首の周りをしきりに掻いていたのですが、ほっておいてもなかなか治らず、昨夕医者に連れて行きました。従来は、十条新町のM医院でお世話になっていたのですが、さすがに今の家からは遠いことや駐車スペースがないと言うことで、七条通を東へ行って山陰線を越えたあたりにあるY動物病院へ。



 幸い待合室が無人だったのですぐに終わるだろうと、私は車の中で待機。だが・・・、長い!待つこと40分。やっと出てきた首の周りには、何やら白いものが。よくみれば、首の周りの毛を剃られ、足で首を掻かないようにと、ビクターの犬が耳を傾けている蓄音機のラッパ状のものを頭からかぶっています。ツレアイによれば、「なぜ、こんなになるまでほっておいたのか」とたいそう叱られたとか。ひどい皮膚炎を起こしているので、これ以上刺激しないように「ラッパ」をかぶせ後ろ足には「足袋」をはかされています。化膿止めを注射してもらったので飲み薬などはないのですが、しばらく通院しなくてはなりません。さらに、外出厳禁とのこと。 自宅に帰っても、なかなか不自由な状態に慣れることが出来ず、いままでの食器では食事が出来ないので手で食べさせたり、長い間使用していなかった室内トイレを用意したりと、ドタバタ。しばらくはモモタロウも不自由でしょうが、こちらも手がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です