新春恒例! とっておき米朝一座

 関西テレビの「痛快エブリディ」という,桂南光さんの番組がありますが,その番組の枠内で,例年このタイトルの特番があります.今日は落語三題,南光「初天神」,米朝「つる」,ざこば「厩火事」.「初天神」は正月ネタでは,最もポピュラーなものの一つ.こまんしゃくれた子どもと頼りない父親の対比で笑わせます.「つる」は,根問い物と言われる前座用の話.さすがに声のでなくなった米朝師に大ネタは期待できません.が,このような小さな話には,かえって枯れた軽さがあって,なかなか聞かせて頂きました.近頃のざこばさんの充実ぶりはなかなかのもの.余芸ではあまり期待できませんが,こと噺に関してはなかなか充実しています.ことに,自分の夫婦のネタを枕に,夫婦関係を扱うネタ(今回がそう!)に入る演出には大層安定感があって,「名人」と呼んでもいいのではと感じさせます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です