歓びを歌にのせて

「歓びを歌にのせて」オリジナル・サウンド・トラック 久しぶりに京都シネマへ.見たのは「歓びを歌にのせて」.上映時間の都合だけで選んだ映画で何の予備知識もなく観たのですが,いやぁ,良かったですよ.それなりに重いテーマを含みつつも,尻軽風の若いねーちゃんがとても可愛くて.後で気がついたのですが,文部科学省推薦 特別選定作品(青年向,成人向)でした.ちなみに,ラスト近くで登場するのは,Amazing Grace .この曲には,ほんと,国境がないのですね.

スウェーデンで5人に1人が観た.
世界を感動の涙で包んだ,愛と幸福の物語.

スウェーデンの名匠ケイ・ポラックの18年ぶりの監督作品のサントラ盤。合唱をモチーフにした映画なので、サントラというよりは聖歌隊コンピといった仕上がり。「ガブリエラの歌」は本国でロング・ヒットを記録。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です