簡易人間ドック

●簡易人間ドック (2003-01-21 17:40:12)
 今日は人間ドック。毎年、職場で健康診断があるのですが、今年の分を受診していなかったので、年度内に受診する必要があったのです。ツレアイの職場である近所の京都南病院を予約していました。簡易人間ドックで料金は¥23 100。以前脳ドックを受けたことがあるので、要領はわかっていましたが、なじめないのは「胃透視」。申し込むときに、「胃カメラと胃透視とどちらにしますか」と質問されたのですが、職場の検診が「胃透視」なのでそちらを申し込みました。

 まずは、健康管理センターで問診、身長・体重測定、採尿、採血、血圧・視力・聴力などの測定、心電図、続いて胸部レントゲン、そして問題の胃透視です。担当の方からは、例年の健康診断で受けているものよりもより細かくなりますとの説明があって、受診開始。このあたりの手順については、このページでご確認を。 私などは、前々から「胃透視=簡単な一次検査」「胃カメラ=精密な二次検査」という単純な理解をしていたのです。しかしいろいろ検索してみると、例えば、胃カメラと胃透視の違いについて、あるいは、胃透視について、というようなページが先にヒットしました。なるほど、簡単なものと複雑なもの、という単純な分類ではないことはよくわかりました。しかし、職場の検診に比べて、今日の胃透視は時間にして三倍くらい長くかかったように思えるのですが、集団検診のメニューと人間ドックのメニューの違いの意味はいまいちよくわかりません。ま、丁寧であることだけは、身をもって体感しましたが。 風邪の方は、まだすっきりしません。午後からは厚着をしてふとんに潜り込みました。何度か汗をかいて着替えたのですが、まだすっきりとはしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です