2001-05-27

 紀和町丸山千枚田の田植えの集いに行って来ました。私の演習を受講している3年生6名、4年生4名と一緒です。あいにくの雨でしたが、田植えに雨は悪いものではありません。3年生には「必修科目」なので、合羽を着込んで全員素足で田圃に。地元保存会の方のご指導を得ながら、みんな頑張りました。植え終わった田圃は多少不揃いのところもありますが、ま、それはご愛敬。
続きを読む 2001-05-27

2001-05-24

 地域興しマイスターという仕事を仰せつかっています。中山間地域を元気にする取り組みのためのアドバイスをする仕事です。今日は大内山村へ呼ばれ、地元の女性グループ「あーるの会」の方々との懇談会です。「あーる」というのはRecycle の頭文字をとったもので、牛乳パックの再生や空き缶回収、古毛布の海外援助などに取り組んできたグループです。自分たちの活動を見つめなおして次のステップへのヒントをつかみたい、というのが今回の懇談会の動機でした。
 実は、一昨年にこの地域の広域の勉強会を松阪大学で行いましたので、私のことをご存知の方ばかりでした。申し訳ないことに、事務局と私のほうとの相談が不十分で、必ずしも彼女たちの次のステップのヒントをつかむところまでは行くことができませんでした。それでも、皆さんほんとに元気な方ばかりで、悩む前に体が動いて行くというタイプの方ばかり。それほど心配する必要はないのではと感じました。

2001-05-20

 親孝行続編。午後の新幹線で福岡へ戻る義母の希望で宇治平等院へ。私も久しぶりだったのですが、今年の3月に新しい資料館がオープンしていました。その名も鳳翔館。いやぁ、これは楽しいですよ。なんといっても、「雲中供養菩薩」の展示が面白い。これは、本来鳳凰堂に飾られていたものを、博物館にうつして見やすくしたものです。本尊の阿弥陀如来像と共に定朝の作といわれていますが、躍動感があって楽しげで、時間を忘れて見とれてしまいます。母は女学校の修学旅行以来何度も京都へきていますが、「ひょっとするとこれが最後?」という気分があったのですが、少し足が衰えたとはいえ予想以上に元気で安心した次第です。

2001-05-19

 ツレアイが仕事で福岡出張、ついでにと言ってはなんですが、ご無沙汰続きの義母を京都へ招くことに。我が家の狭い階段だらけの部屋では足の悪い彼女には無理、急きょホテルを取って18日(金)無事到着。しかし、新幹線ホームから駐車場までにかなりの時間をかける。ま、杖をついて自分で歩けるのだからいいじゃないか。
 さて、19日(土)は私の実家の母との十数年ぶりの対面。実は同い年。せっかちな実母とのんびりやの義母。そばで聞いていると、会話のタイミングが合わないのがおかしい。ありあわせの簡単な昼食の後、車で一時間程度走って、丹波・立杭焼きを見に行きました。

2001-05-01

 徐福の研究をされているシホさんと熊野でお会いしました。本来は連休を丸まる利用して、家族と一緒に調査&キャンプを楽しまれるはずだったのですが、息子さんがおたふく風邪にかかってしまい、急遽戻られることに。結局、今日半日行動を共にしました。前日に波田須でインタビューをされたということと、一緒にきているお嬢さん(サホちゃん)が「石がすき」ということで、丸山千枚田によってから北山川の河原で石探し、次に七里御浜で川の石と海の石の比較研究。松本峠からの七里御浜の眺めを楽しんでから、ウミガメ公園へ。しかし、観光客が増える時期なのに16時閉館というのは解せない。昼食をはさんでいろいろとお話したのですが、地域づくりと徐福の関わりについての話など、なかなか面白いお話を聞くことができました。今後ともいいお付き合いができればと思っています。