2003-07-21

 豪雨による被害が深刻な九州から何とか戻ったツレアイ,彼女の持ち帰った新聞記事がショックでした.西日本新聞7月20日版に「嘉穂劇場 廃業の危機」「記録的豪雨 大衆演劇の殿堂直撃」「修復には数億円」「個人経営では限界」との見出しとともに,正面からの写真では駐車中の車のボンネットが水に浸かっていますし,内部の写真では,畳が浮いています.この小屋は福岡県飯塚市にあって,大衆演劇の灯をともし続けて七十二年,全国唯一の民間経営の木造芝居小屋として有名ですが,これ以降の公演は一切中止とか.残念なことです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です