還幸祭(おかえり)

還幸祭(おかえり) 2004-05-17 20:19:58
 5月16日(日)。松尾祭の還幸祭(おかえり)でした。御旅所へ来ておられた神様が、お戻りになるわけです。生憎と前日から降り始めた雨が、かなり激しく降り続けていました。先月の神幸祭(おいで)の時には裃を着て歩いたのですが、今回は初めて神輿担ぎに挑戦。ただし、午後から用事ができてしまったので、午前中の町内巡幸だけに参加。しかし驚きました。西七条の御旅所を出て最初の休憩地点だったかで、声を掛けられました「寺口先生ですよね?」。聞けば、中学校の先生をされていて、祭の研究をされている方だとか。偶然、国際京都学のことを調べていて私のページをごらんになったとのことです。いやいや、もう少しまっとうなコンテンツを心がけないと恥ずかしいですね。

 さて、この祭は朝から始まって町内巡幸、2カ所の御旅所を経由して松尾大社まで、終わって戻るのは20時頃の予定。大変な長丁場です。私自身は午前中だけ、そして神輿を担がせていただいたのも、数度のこと。それでも、左肩の痛みと体全体のだるさはあるわけで、一日中担いでおられる方々の疲労は大変なものでしょうね。来年は全行程を参加できるようにしたいと思っています。とりあえず、大きなイベントである松尾祭は終わりました。町内会長の次の大きな仕事としては、夏のお地蔵さんです。松尾祭も含めて、少し文献を調べておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です