結局一週間

結局一週間 2005-04-08 09:38:15
 身体に変調を覚えたのが先週の土曜日の朝ですから,結局一週間も風邪に苦しめられていたことになります.昨晩の夕食後に風邪薬を飲んですぐに寝てしまい,先ほど起き出して三日ぶり(!)の風呂に入り,やっとすっきりした気分.ただ,頭はすっきりしているのですが,まだ喉には違和感があって,咳も少し.ここ数日は,頂いたコメントに返信する程度しかできなかったので,メモだけでも.

火曜日の「入学式」の後,早めの帰宅からおかしくなったのでした.水曜日は一日布団の中で.枕元には携帯電話とティッシュ.それに,目覚めた時用の本が数冊.それでも藤沢周平『暗殺の年輪』は読んだ記憶が残っています.
水曜日の晩は,町内会の年度はじめの総会.昨年度の町内会長は次年度「顧問」という役職になります.ただ,今回は前年度の会計報告をすべき会計さんが欠席とのことで私が報告をしなければならず,さぼることが出来ずに,しっかりとマスクをして出かけました.とはいえ,自宅から徒歩30秒の場所ですが.
私の町内は,戸数50戸でその中が6つの組に分かれています.我が家は第6組になるのですが,東西の並びなので,今年度組長は一軒おいて東のTさん(東隣は新築工事中断のまま,裁判係争中).こちらは,我が家よりも1年前に新築して入居された方.ただし,すぐ近くにお店(旦那さんの実家)があるので,実質は町内の方.このTさんが入居された年にさらに東の方が組長をされていたので,結局我が家の方が後からこしてきて,先に組長となった次第
議事は簡単で,私から昨年度の会計報告をした後は,本年の行事計画.春の「お千度」夏の「地蔵盆」秋の「お千度+レクリエーション」,この「三大行事」のスケジュールを決めることが中心議題.さすがに,古くから住んでいらっしゃる方ばかりなので,過去数十年の思い出話を含めた会話の中で議事が進められていきます.こちらは,熱はあるし咳は出るし腹は減るし・・・,一時間強の会議が終了するとすぐに,片づけも手伝わずに自宅に逃げ帰り,夕飯もそこそこに,薬を飲んですぐに寝ました.
木曜日は,前日同様に布団の中で,眠りがさめれば本を読み,また寝てしまうという一日.もちろん,集中して読める訳ではないのですが,結局読んでいたのは司馬遼太郎「梟の城」.やはり初期のエンターテイメントは気楽に読めます.夜は,定例の管理会議が流れて,看護学校の入学式から早めに戻ったツレアイが買い物と食事準備.その後風邪薬を飲むと眠くなって・・・と,何とか日記を書けるまでに復活しました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です