おかしな男 渥美清

おかしな男 渥美清 渥美清の死後,かなりの数の本が出版されましたが,彼を冷静に描いたものとしてはこれが一番でしょうね.テレビ放送が始まった初期の頃からのつきあいのあった小林信彦だからこそ,笑いのわかる人だからこそ書けた本なのでしょう.風邪で伏せっている間,目が開いている時間はこれを読んでいたような気がします.もっとも,ぼや〜っとしていたので,内容に関しては記憶が曖昧ですが.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です