夏野菜物語

夏野菜物語 このところ,自宅で食べる野菜に不自由しません.今月に入って母から2度ばかり手作りの野菜や佃煮を送っていただきましたし,昨夕帰宅してみると,長兄からもゴーヤ・キュウリ・タマネギ・ジャガイモなどがどっさりと.彼は昨年定年退職し,今年は嘱託として教師を続ける傍ら自宅で野菜作り.タバコもやめたとかで,先日久しぶりに話した電話の様子は至って健康そうでした.ま,結構なことです.

 昨日は北千里駅の「いこい飯店」で早めの昼食,午後には試験監督が一つだけ入っていたのですが,後はひたすら研究室で成績処理というか,プレ処理ですな.担当科目の出欠データを手書きの出席簿からエクセルへ入力.毎回授業後にしておれば簡単な作業も,ためると結構面倒.細々とした用事が途中で何度も入るので,完了せずに早めに退出.
 少し早めに着いた西大路七条のライフで魚を物色.「三重県産」と表示されたゴマサバに半額シールが貼ってあったので,迷わず購入.元三重県人ですから,ついつい手が伸びます.後は刻み穴子となすびを買って帰宅.野菜を買わずに済むのはありがたい.メニューは,「鯖の煮付け」「穴子とキュウリの酢の物」「なすび・こんにゃく・厚揚げのたき合わせ」それに母の太陽トマト.これが,味が濃くて美味しいのです.
 仕事後の手話サークルの活動から戻ったツレアイと遅めの食事.ビールを飲みながら,DVDで枝雀さんの「仔猫」,前夜の吉弥さんとの違いを解説しながらも,途中から睡魔が.結局朝方起き出してから,この記事を書いております.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です