京都手帖二〇〇七

京都手帖 懲りないやつです,ハイ.昨日と同じ電車に乗り,同じ時刻に北千里駅.改札を素直に右に出れば,職場への道.しかし,左に曲がって「いこい飯店」へ.ここのランチメニューには「卵スープ」がついていて,注文するとすぐにこのスープが出てきます.日差しがあるとはいえ既に11月中旬,このスープで体を温めるのが結構好きです.今日のサービスランチは○○の旨煮・鶏の唐揚げ.結構美味しく頂いて,その後は,満腹の体に急な運動という愚を避けるために,バス待ちの田村書店へ.そこで見つけたのが「京都手帖二〇〇七」.何を考えているかというと,これを基に,来年は毎日「京都検定」の勉強をやろうというわけ.

 出版社の解説は以下の通り.

京都手帖 二〇〇七
定価1,050円(本体1,000円+税)
編/光村推古書院編集部
体裁/B6 総160頁
ISBN4-8381-0375-1(2006)
京都人・京都ファン必携のスケジュール帳。京都市内で行われる主要行事を掲載し、今日、京都で何があるか一目瞭然。巻末には220件の社寺の拝観データをはじめ、美術館・図書館のデータ、京都の鉄道路線図や市バス案内図なども掲載。書き込みやすく、なおかつ京都の情報が満載で、京都で暮らすにも、京都を観光するにもとても便利な一冊。旧暦・二十四節気も記載。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です