青柳の干物

 昨晩の奥熊野宿の夕食(宴会)で、Nさんのお母さんお手製の「青柳の干物」を頂きました。松阪大学のS先生から「姫貝」という珍味をいただき、それが青柳の干物であることは以前にも書きました。「姫貝」はしっかりと乾燥させた物ですが、今回Nさんから頂いた物は「一夜干し」感覚で大変ソフトな物。塩加減をどのようにされているのか、大変上品な味わいで、香りも深く、大変美味しく頂きました。彼女の実家は伊勢市の海沿いで、お父さんがとられた貝をおかあさんが干物にされているのです。次回は、製法や伊勢地方で一般に作られているのかどうか、尋ねてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です