番外編(世界遺産を考える

 6月23日(水)。B組の社会学基礎の番外編として、世界遺産の話題を提供しました。先週末のオープンキャンパスの時に熊野古道のパネル展示をしたのですが、その時の資料が沢山あまっているので、学生たちにも是非紹介したかったのです。急に思い立ったことなので、少し準備不足でした。いつもの講義室から演習室に移動したのですが、やはりパソコンが使える部屋は便利ですね。ビデオクリップなどがその場で利用できるので、学生たちにも変化があっていいと思います。感想も掲示板の方へ書いて頂きました。来年は、このメンバーの中から社会調査実習に出てくれる人がいれば嬉しいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です