20年

20年 2005-03-26 12:04:32
 1985年3月26日,父が亡くなった日です.あれからまる20年が経ちました.実家では兄姉たちが集まっていたようですが,私はいろいろと.昼ころにメールで,調査でお世話になる熊野の大平タキさん(96歳)が亡くなられたとのこと.つい先日,NHK「巨樹は語る」でその元気なお姿が放映されたばかり.明日はお通夜です.ちなみに,父は大正2年=1913年生まれですから,生きていれば92歳.いかにタキさんがお元気だったのかがわかります.「市民しんぶん」4月1日号を各組長さん宅へ.これで,「配りモノ」は最後.後は,市から配布されるポスターを今夜中に貼り替えて,町内会長の仕事は(ほぼ)終了.後は,ツレアイが戻り次第,久しぶりのサンマの丸干しを肴に,亡父を偲ぶことにします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です