お兄ちゃん

お兄ちゃん 昨晩の映画の後、すぐには眠れないので何か文字の大きい本をと選んだのがこれ。倍賞千恵子さんが渥美清さんとの思い出を綴ったものですが、寅さん関連の書籍をまとめ買いしたときの読み残し。結局2時間弱で読了し、後は熟睡できました。



 映画の中では「愚兄賢妹」という設定ですが、実際には「賢兄愚妹」であったという話です。いくつか興味深いエピソードがありますが、合点がいったのはシリーズ第3作と4作の監督交代の理由。ちょうどこのときは、山田監督が長年暖めていた作品=『家族』の制作の時期だったのですね。そのため、山田さんは脚本への協力だけにとどめたということだそうです。
 ちなみに、彼女が『下町の太陽』で歌手デビューしてレコード大賞新人賞を獲得したのが1962年のこと。私は小学校3年生ですね。ずいぶんと古い話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です