華岡青洲の妻

華岡青洲の妻 昨日の電車内で読み切れず,昨晩寝る前に読了,というか,読み終えるとすぐに寝てしまったようで,今起き出しました.ストーリーは有名なので読む前から知っていましたが,驚いたのは「注解」の多さ.単行本は1967年2月に新潮社から,文庫本は1970年1月.さらに,文庫本の解説がなんと和歌森太郎.もはや「古典」か.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です