石村亭

石村亭 千里金蘭大学人間社会学科恒例の一年生京都研修,文化表現コースと語学観光コースの合同プログラムの最初は,「石村亭」見学.谷崎潤一郎が第二次大戦後に執筆活動をしたところ,現在は,日新電機さんが管理されている非公開の建物です.同僚にして谷崎研究家であるA教授のおかげで,特別に見学させていただきました.専門家の講義付の見学会,何とも贅沢な2時間を過ごすことが出来ました.


書斎にて 谷崎の書斎ではA教授の講義が続きます.写真は谷崎の著作(大半が初版本)を広げながらの作品解説.普段の駄洒落オジサンとは違った,威厳を持った話しぶりはさすが.ちなみに,谷崎を読んだことのない若い学生達へのお勧めをたずねると,『痴人の愛』もしくは『春琴抄』とのこと.

染清流館 約2時間の見学を終わり,次に向かったのは室町錦上がったところにある「染清流館』.つい先日オープンしたばかりの美術館ですが,同僚・はりまやさんの作品が展示されているということで早速見学に.こちらも,作家自身による解説を頂きながらの優雅な時間.この後COCON烏丸のSARAで食事して,新京極経由で宿舎へ移動.内容の充実した半日でした.

「石村亭」への5件のフィードバック

  1. 今日の細見美術館の「茶の湯体験」も贅沢で、また、学生にとっても我々教員にとっても貴重な体験でした。学生に立ててもらったお茶はとても美味しかったのであります。

  2.  このテーマのコメント投稿,AJAXを利用しているのですが,いささか使いにくいですね.書き込んだ後でもその前のコメントが残って表示されてしまいます.ちょっと,調べてみます.

  3. すみません。二重投稿になってしまいましたが、これはシステムのバグ、ということでしょうか?

  4. 二重投稿となる危険性の件,使用中のテーマがWordPress2.1用に作成されていたことが原因のようです.このサイトは現在2.0.7で運用していますが,別の場所に2.1をインストールして動かしてみると,件のテーマのコメント機能も,きわめてスムースに動きました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です