2003-01-02

 明けて正月二日目。郵便受けにはまたもや年賀状が、それも旧宅宛てのものがどっさり。一応、転居通知は出しておいたのですが、あまり気にされていないのですね。ま、大半の方には昨日書いておいたので、さほどの作業量ではありませんでした。ツレアイは、京都みなみ会館で今日だけ1000円で見られるということで、午後から自転車で出かけました(「メルシー人生」というフランス映画だったそうです)。私の方は、ホームページのメンテナンス。つまり、このページを含む改訂作業を久しぶりに実現できて、大変満足。いつもは書斎で作業するのですが、テレビで大学ラグビーの中継を見たかったので、2階のリビングへノートを持ち込んでの作業。こういうときに、無線LANは大変便利です。

 作業が一段落したので、腹ごなしにと近所へ散歩に。すぐ近くに天神さんがありまして、その名も網敷行衛天満宮。なんでも、かつての西七条村にまつられていた二つの天神さんを合祀したらしいのですが、説明板が古くて解読不能。そのうち調べておきます。ポケットには10円玉しかなかったので、申し訳ない気持ちでお参りしました。家に戻ると猫のモモタロウがおやつの催促。煮干しを少しあげると、あっという間に平らげて、その後はお気に入りのファンヒーターの上に収まりました。しかし、彼の体重増は私を意識したのか、半端ではありません。このまま行けば、私共々強制ダイエットか。
 映画から戻ったツレアイと一緒に夕飯準備。まずは、ご飯の用意。暮れに頂いた歳暮のひとつに、「いちご煮」の缶詰が。ご存じですか?私は初めて知りました。「イチゴ煮」というのは・・・、ここは一つ、地元の方に語って頂きましょう。今回頂いたのは、青森県八戸市の「株式会社 味の加久の屋」さんの缶詰。詳細は加久の屋さんのページをご覧ください。本来は潮汁として頂くのだそうですが、今夜は炊き込みご飯として頂きました。雲丹とアワビが入って、ほんのりと磯の香りがする、たいへん上品なお味です。その他のメニューは、暮れに宝塚の長兄から頂いた大量の大根を消費すべく、まずは大根サラダ。大根を千六本に切って少し絞り、ごま味ドレッシングで頂きます。同じく大量に頂戴した水菜をざっくりと切って残り物の鶏肉と一緒にさっと炒めて特製カレースパイスで味付けしました。またまた友人から頂いたサツマイモが残っていたので、マカロニと一緒に簡易グラタンに。今夜の酒は、ワインにしました。頒布会で毎月届けられるワインから、「シャトーダルヴィニー 1998」。普段飲んでいる1000円未満のワインよりは、気持ち高級な気がします。
 夕食を頂きながら、テレビではKBS京都の特番「京都・フォークル伝説」。暮れにBSで見たNHKホールでのコンサートに続いて、中学生時代にタイムスリップしながら見ていました。出演は加藤和彦と坂崎幸之助、それに佐野史郎、泉谷しげる。やっぱ、加藤和彦は京都人やね。と言いながら、今日ものんびりと正月気分を味わって、満足度の高い一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です