2003-01-03

 今日は正月三日目。今朝から雪模様で、さすがに積もりはしませんが、牡丹雪が降り続いています。さて、元日に松尾大社朱雀御旅所へご挨拶に行っては見たものの、せっかくの正月休み、普段できないことをやろうということで、ツレアイと次男と三人で氏神様たる松尾大社へお参りすることに。走るタクシーの車窓からは一段と激しくなった雪が容赦なく降り続けています。自宅から七条通をまっすぐ西へ、葛野大路通りを北へ向かい、梅津段町から四条通を西へ。やがて、桂川を渡るとそこは松尾大社。ほんと、四条通のどん詰まり、京都の西の果てです。あいにくのお天気で、露天商の方々も傘をさして早足に通り過ぎる客ばかりで、ちと険しい表情。境内に入るも、正月にしては少し寂しい人の群れ。本殿へ向かうと、正面に大きな羊の絵馬。とりあえず、参拝を済ませると、一路トイレへ。いやぁ、寒いんですよ。

 さて、ここ松尾大社は「洛西の総氏神」であり、また酒の神様としても有名。境内には酒の資料館もあって、あちこちで甘酒のいい香りも。しかし寒さと空腹で、申し訳ないとは思いながら、すぐに失礼したのです。 神社の大鳥居のすぐ前に阪急嵐山線の松尾駅。ここからひとつ先の終点・嵐山駅まで移動。さらに、渡月橋をわたり、美空ひばり記念館を通り過ぎると京福電鉄嵐山駅。ここから四条大宮まで、久しぶりの嵐電でした。四条大宮から壬生寺を過ぎて、五条千本近くの「びっくり・ドンキー」で遅めの昼食。時間をずらしたつもりだったのですが、意外に客が多く、しかも小さな子供づれがいっぱいで、いやはや、にぎやかな昼食でした。
 さて、今夜の夕食は、三和水産から仕入れておいた「真鯛のカルパッチョ」。これ、好きなんですよ。尾鷲の業者さんですが、冷凍パックなので日持ちがしますから、冷凍庫に入れておくと、ちょっとしたお客様にも困りません。いつもなら夕食時には、必ずテーブルの上で一緒に食べたがるモモタロウですが、今日は遊びつかれたのか、早くも睡眠モード。テーブルの隅の私のノートパソコンの上でじっとしていたのですが、そのうち、寝てしまいました。しかし、こうして見ると、いかに大きくなってしまったか、ノートパソコンとの比較でご想像ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です