結局,受診してきました

●結局,受診してきました (2005-06-13 22:30:33)
 昨晩から咳がひどくなり,喉の痛みもあまりにも執拗なので,講義を休んで病院へ行ってきました.結論としては「ただの風邪」.風邪薬と喉の痛み止め(5日分)と,持病の痛風の薬(60日分)を処方してもらい,午後は静養に.やれやれです.
 訪れた病院は自宅から徒歩2分の京都南病院.昨年4月から導入されたオーダリング・システムによって,受付から診察・検査・会計までの流れがずいぶんと変わっていました.しかし,本来私は60日ごとに「診察」を受けて痛風の薬を出してもらうことになっているのですが・・・.

 外来の受付には2台の機械が並び,診察券を挿入して画面の指示に従ってメニューを選び,アンケートに必要事項を記入して,指示された場所で待機.私が診察券を投入したのが9時10分,その後簡単な(!)診察を受け,血液を採取してもらい,会計が終わったのが10時25分.以前に比べれば,確かに流れは良くなった気がします.
 病院の周囲にはたくさんの薬局がありますが,その中のR薬局へ.明るい室内にはいると,にこやかに出迎えてくれる受付担当の女性が3名,中の調剤を担当している白衣のスタッフが6名,計9名がいきいき・きびきびと働いています.以前の院内薬局を知る者にとっては,目が点に・・・.待ち時間もほとんど無く,説明も親切で,いやはや凄い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です