初めての病院

 ココが我が家に来て2週間,予想以上に順調に新しい生活に慣れています.食事もトイレも睡眠も,本人は至って順調,もっともツレアイと私はあちこちに傷が絶えず,睡眠不足ではありますが.そのココ,健康状態をチェックし今後の生活の指針を相談するために,モモタロウがお世話になっていたあかまつ犬猫病院へ.モモタロウは移動用のカゴに入れられると鳴きっぱなしでしたが,ココは全く声を出しません.待合室でもカゴの中で大人しく待っています.病院は日曜日とあって大変な混雑,1時間待った上での受診,ドクターの触診・内診の後,糞便検査・猫3種混合ワクチン・ノミ駆除の処置をしていただきました.結論として「身体はきわめて健康」であり,「室内で飼うこと」を前提に,一緒に暮らしていくことを確認したのでした.

 ココの出生について判っているのは,10月中頃に友人のマンションで発見されたことだけ.ドクターは「全て乳歯」であることから,生後4ヶ月には至っていないだろうとのこと.あくまでも目安ですが,今後は2006年9月生まれとして扱っていくことにします.現在の体重は1.3kg,肉付きも丁度良く,口も耳も大変きれいな状態.ノミはいましたが,今後室内で飼い続けるのであれば,一度の駆除で問題ないだろうとのこと.ちなみに,3種混合ワクチンは「フェロセルCVR」,ノミの駆除に使用したのは,「レボリューション6%」.ワクチンをお尻に注射されても少しも騒がず,ココの病院デビューは,無事終了しました.もっとも,相当我慢していたのか,家について2時間ぶりにカゴから解放されると,一目散に押し入れに飛び込み,そのまま寝入ってしまったようです.お疲れ様でした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です