2003-01-10

 毎日放送の午後の番組に「ちちんぷいぷい」(月〜金、15:00〜)という番組があります。角淳一アナウンサーが進行する、ま、関西ローカルの、関西らしい番組でして、家にいるときはよく見ております。本日の放送の中で、「タオルマフラー」が大流行しそう、ということで取り上げられていました。実は、何を隠そう私は、大のタオルマフラー愛好家なのです。どんなものかと言えば、何を隠そう(何も隠すことではないのですが)、タオル地で作られたマフラーのことです。

 私は二年ほど前に道の駅「熊野きのくに」で見つけ、そこの売り場にあった色をほとんど全部(といっても、5〜6枚程度)買いました。何がいいかというと、タオル地ですから洗濯が簡単、従って、汗を拭くことができますから、ウォーキングの時や暖房の効きすぎた電車の中など、冬場に汗をかくときに大変便利なのです。さらに言えば、お風呂セットが無くてもいつでも温泉に入れる!ところが、ネットで検索してみると「タオルマフラー」という言い方だけではなくて、「マフラータオル」という言い方もあるのですね。例えば、「名鉄百貨店」ではタオルマフラー、「スリープネット」という“タオルと寝装リビングのギフトサイト”ではマフラータオルという言い方をしています。あと、サッカーの応援グッズとしてもよく用いられているようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です