消火剤の入れ替え

消火剤の入れ替え 2004-11-05 22:18:20
 朝から松阪へ。うちに戻ったのが午後7時前。空腹でしたが、今夜は午後8時に町内の消火器の点検・消火剤の入れ替え作業のために、空腹&喉の渇きを我慢して、町内の消火器を回収して七条通りに面した大正湯前へ。町内6組に各1本ずつ備え付けられた消火器と真導寺の2本を揃えたところへ、消防団の車が回収に。小一時間で作業が完了するとのことで、いったん帰宅して軽く食事。頃合いを見てツレアイと長男に応援を頼んで、3人で大正湯前へ。ところが、約束よりも30分程度遅れて消防団の車が到着。聞けば、我が町内の6本のうちの1本が使用に耐えない状態とのこと。実は、回収作業時におかしいと思ったのです。消火器の底の部分に錆がきているし、ホースからは水が流れていましたから。結局、残りの5本を各組に戻し、私の6組のみ週明けまで消火器がない状態となりました。消防団の方によれば、15年寿命のあるものを17年使用していたとか。今のものは粉末消火器で、5年間は入れ替え不要だとか。使用されないことが望ましいのですが、無いと困るもの。会計さんにお願いして、新しいものを入れるしかないですね。しかし、大正湯前での待機中、町内の知った顔に何人もお会いしました。我が家のような最近の家はともかく、もとから町内にお住まいのみなさんは、ほとんどがいまでも銭湯利用なのですね。これには、正直驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です