M−1グランプリ

 夕飯を食べながら家族で見ていたのが,「M−1グランプリ」.島田紳助のアイデアで実現したこのコンテスト,今年の決勝で勝ち残ったのは「麒麟」「笑い飯」「ブラックマヨネーズ」の三組.優勝はブラックマヨネーズでした.二つのネタを見せていただきましたが,驚くほどちゃんとした漫才を見せてくれ,十分満足できる結果でした.

 子どもの頃から自然と関西の笑いに接してきた人間にとっては,分析的な説明は出来なくとも,「おもろい」かどうかの判断は出来ます.その点で,「笑い飯」の,従来の大阪の漫才には少なかったローカルでシュールな「味」は十分に評価しつつも,外見とは裏腹にオーソドックスなネタの運びで,しかも単発的なギャグでつなぐのではなく,ストーリー性をもった展開で笑わせる「ブラックマヨネーズ」は,かなりの力量の持ち主と見ました
 他で目立ったのは,「チュートリアル」ですね.男前が売りの徳井君のボケぶりが良かったですよ.「千鳥」は「笑い飯」と似たところがあって好きなコンビですが,限られた時間内の構成力がいまいち.女性コンビの「アジアン」は今後が楽しみ.東京組の「品川庄司」は,漫才の形にとらわれない方が個性が発揮できて面白いと思います.「南海キャンディーズ」は,漫才の評価としてはあんなものでしょう,タレント性は十分ですが.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です