久しぶりに(また)卒業生に会いました

 前任校を退職する年のゼミの卒業生,Y下君から連絡があって,昨日京都まで来ていただき,阿吽坊で食事しながら色々と話をしました.もともと小柄な彼が,いっそう痩せていたのに少し驚きましたが,2年4ヶ月勤めた職場を辞めたとか,いろいろ苦労をされたのですね,などとしんみりした話ではなく,他人の不幸を肴に盛り上がってしまったというのが本当のところですね.

 彼は学生時代はボランティア部の部長として多様な学外活動に関わり,私のゼミでも先輩達のいい影響を受けながら,言葉での表現はあまり得意ではありませんでしたが,何でも率先して自分から行動をおこす,頼もしいタイプの学生でした.卒業式では「文化会長賞」も授与されました.
 彼とはちょっとした因縁があるのです.大学入試は推薦試験を受けたのですが,その時の面接担当者が私でした.しかも,面接試験でありながらほとんど面接官が喋りまくるという(いつもの)状態に,彼は内心では大変驚いていたそうです.しかも,入学後に入ったクラブの先輩のすすめで,3年次から私のゼミに入って,何度も熊野へ遊びに行った間柄です.その先輩というのがK嶋さんという女性,何やら今朝から「傷心」で横浜まで遊びに行っているとか,彼女をメールで追いかけるという失礼なことも楽しみながら,それでも,今後の身の振り方に少しは明るさが見えた夜でした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です