年賀状

 そろそろ、「喪中につき新年のご挨拶を失礼させて頂きます」というご挨拶が届くようになりました。私の方は、今年の春に職場が変わったことをお知らせした際、次年度からは年賀状は失礼させて頂く旨記載しました。理由は簡単なことで、もはや対応できなくなってきたためです。10余年の教員生活で親しくするゼミ生は増えるばかり、他方、フィールドや各種委員会などで出会う人も増えるばかり。もちろん、行政や企業からの儀礼的なものは無視しつつも、とてもすべての方に事前に年賀状を準備することは不可能と言わざるを得ません。

 ということで、この日記の読者で小生宛に年賀状を出してやろうとお考えの方がいらっしゃいましたら、どうぞ助けると思って、お控え頂きますよう、お願い申し上げます。 ちなみに、先日年賀状(インクジェット用)を200枚購入しました。こちらは、ツレアイと家族用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です